お知らせ

例会日時

毎週金曜日

12:30~13:30

例会場

沼津リバーサイドホテル

リンク

沼津ロータリークラブ国際ロータリー第2620地区へ

沼津ロータリークラブRotary Japanへ

沼津ロータリークラブRotary Internationalへ

沼津ロータリークラブMy Rotaryへ

ロータリー文庫へ

PDFファイルを御覧いただくには、下記アプリケーションが必要です。

Adbe Acrobat Reader Downloadへ

会長挨拶

沼津ロータリークラブ会長   東 宗徳

「ロータリーでつながろう」

沼津ロータリークラブ会長写真

2019-2020年度RI マーク・ダニエル・マローニ会長はロータリーを「旅」に例えました。

すなわち、一人一人が始める旅、共に歩んでいく旅は、世界中から集まった人々と出会い、共に協力して、分かち合い、仲間や友人になっていく。ロータリーを通じてお互いの違いを超えて、深く、意義あるかたちでつながる事が出来て、ロータリーがなければ出会うことがなかった人々と、職業上の機会の中で、私たちの支援を必要とする人たちとの「つながり」をもたらしてくれます。ロータリーの体験の中核にあるのが、この「つながり」でロータリーを成長させる方法もこの「つながり」にあると語りました。

そして、これが今年度のテーマ「ロータリーは世界をつなぐ」です。ロータリーの奉仕を通じて、人びとが手を取り合い行動を起こすための「つながり」を築いていきましょう。

このテーマを通じて当クラブでの今年度の目標は「ロータリーでつながろう」といたしました。今年度はクラブとしては大きなイベントはありませんが、クラブの中での「つながり」を重視して、又、「千本をよくする会」の活動のように、次につなげられる継続性のある事業を財団補助金事業や他クラブとの合同事業の中で模索していきたいと思います。

さて、会長として一番心がけたい事は、有能で、思慮深く、寛大な沼津Cの会員の能力を最大限引き出す事です。二つ目はこれから続く方にも仕事とR活動の両立ができるようなクラブを目指して従来の沼津Cのよさを残しつつ、より時代の変化にも向かえるクラブ運営を進めます。

  1. 例会がRの基本ととらえて、プログラム委員長からの意向も踏まえて リレートークをより発展させた会員による内部卓話の充実を図ります。
  2. 欠席した例会のメーキャップについては 同じ年度内で行う事が出来ると変更されましたが、 沼津Cについては出席に関してのメークアップについては、当面、従来の前後2週間とします。
  3. エンドポリオ合同募金活動や柿田川湧水地清掃は近隣クラブと合同奉仕活動として参加します。
  4. 米山梅吉記念館50周年記念式典は移動例会として全員登録で参加します。
  5. ロータリー公共イメージ向上の一環として沼津C内でのFacebook立ち上げを有志の中で行います。
  6. 「千本をよくする会」の活動を支援して、継続ある沼津Cの地域奉仕活動とします。